不動産売却は複数社への一括査定が安心です

契約時の注意点

リスクを抑える契約を行う

不動産を購入するときには、その契約から生じるリスクをなるべく小さくするように心がけなくてはいけません。 不動産は、安くても数千万円はする高額な買い物です。 人生の中でも大きな買い物の一つになるため、そのためのリスクの回避は契約上で必ず行わなくてはいけません。 例えば、手付金の規定をきちんと盛り込んでおくことです。 以前までは、不動産売買の契約で中途の解約を行うと大きな問題が生じていました。 しかし、近年は手付金という方法があることがきちんと認識されてきたため大きなトラブルが起こらなくなったのです。 手付金が存在していると、その手付金を放棄することによって解約によって生じるあらゆるリスクを背負わなくても済むようになります。

不動産価格の何割かを支払っておく

手付金を有効に使うためには、不動産の契約をした段階で前もってお金を何割か支払っておくことが大切です。 これが、解約手付として扱われることになるのです。 不動産の法律においても、手付金は解約手付として認識されているため法律上の効果もあります。 本来、不動産売買で契約が成立した後に破棄したときにはその原因を作った者に対して違約金を請求することが可能です。 しかし、解約手付として前もってお金を相手に対して支払っておくとそれが保険として働くことになるため違約金は扶養になるのです。 解約手付は不動産価格の2割程度が一般的となっているため、契約でよく確認しておくことが大事です。 もし、その規定がない場合には必ず不動産会社に対して手付金に関する質問をしておきましょう。